うつ病に効く薬剤~効果てきめんレクサプロ~

サプリメントを選ぶときにチェックすべき成分の違い
  • 男性型抜毛に効果的

    男性型の脱毛症に効果的と言われている薬がデュタスですが、この薬は有名なプロペシアよりも良い効果が期待できるとして注目されています。加えて安価で購入できるのも人気のポイントです。

    ▶もっと読む

  • 最も多い感染症には

    日本の性感染症で最も多いと言われているのがクラミジアですが、クラミジアと診断されても薬を利用することによって治療することが可能です。アジスロマイシンやクラリスロマイシンなどの薬剤が利用されています。

    ▶もっと読む

  • 特徴

    レクサプロの特徴は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬とも言われており、シナプスではセロトニンにのみ再取り込みを阻害します。初期症状として吐き気が起こる可能性が高くなります。国内では後発薬が未発売なので治療薬としての負担が大きい薬剤です。

    ▶もっと読む

うつ病にレクサプロ

最新うつ病薬の人気を探る

レクサプロはうつ病の薬剤として、多くの患者に利用されています。この薬剤は精神科や心療内科にて処方される事が多く、睡眠導入剤や抗不安薬と一緒に処方されます。現在ジェネリックは存在せず、先発品のみとなっており、薬価も10mgで212円ととても高価な薬剤です。そのためこの薬剤を処方される場合は自立支援法の通院公費を申請し、利用する事をお勧めします。基本的には2年に一度の更新申請で、所得に応じた上限額までの窓口支払いとなります。通院できる医療機関が限定される形となりますが、薬価の高い薬剤を特に精神科領域の疾患は長期の服用となる事が多いため、経済的な負担を少しでも軽減するため是非、公的な制度を利用されることを強くお勧めします。

うつ病やうつ状態に対応した薬剤はとても多く開発、販売されていますが、その中においてレクサプロの最も顕著な特徴は、他の薬剤が少量開始の数週間程度のランニングが必要なのに対して、それより短い約2週間程度で効果を発揮する、即効性にあります。レクサプロはうつ病の諸症状の多くに対して効能効果を発揮することでも知られていることから、従来の薬剤で効果効能実感できなかった患者の使用が多い事に加え、うつ病薬に多く発症する副作用(口渇や頭痛など)の発現が抑えられておることも、レクサプロの人気である理由と言えます。まだまだ日本国内で最も新しく使用され始め、導入から間もない薬剤ですが、これからも多くのうつ病患者の助けになるものと期待されています。

Copyright(c) 2015 うつ病に効く薬剤~効果てきめんレクサプロ~. All Rights Reserved.